--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2037-07-07

ADS用ネットワークIDおよびPASSWORDの件

YO3が終了してADSをチームメンバーで既に初めている人もいると思います。

チーム用に下記のhamachiのネットワークIDを作ったのでよければ登録お願いします。

ID: MASTEROFOZ1~20
PASSWORD:全ID共通で1717

また、これから始めようとしている人は下記に導入方法のURLを貼っておきますので参照してね。

http://www3.atwiki.jp/ads-wiki/


by xxNasukaxx

スポンサーサイト
2011-11-09

グラディオーソ交流戦

グラディオーソ交流戦SS1
グラディオーソ交流戦SS2

xxMANAMIxx vs xxCanariaxx○
liihu vs xxCanariaxx○
donim vs bonchaso○
GDMw0○ vs bonchaso
GDMw0○ vs mesia2006
GDMw0 vs xxMISAKAxx○
duelstar vs xxChocoratxx○

2対5でチームグラディオーソの勝利

11月5日(土)にチームグラディオーソ様と交流戦をしました。
皆さんも周知の事実ですが、元チームメイトであるショコちゃんことxxChocoratxxさんがYOC予選を見事突破してファイナリストの称号を得たのです。
改めて本当におめでとう御座います。
そしてそのショコちゃんがサブリーダーになっているチームが、このグラディオーソというチームというわけです。
非常に優秀な人材が揃っていてチームの団結力も厚く、このMASTEROFOZがわずか2勝しか勝利できなかったところを見ても強いチームでした。
では毎回のごとく交流戦シーンを見ながら今回の交流戦を振り返っていきましょう。
まず1枚目のSSシーンは、チーム内での唯一の勝ち星を築いてくれたグデムさんのデュエルシーンです。
グデムさんはただのライトロードデッキではないと言ってましたが、針虫の巣窟を入れている時点でより高速に墓地肥やしができるライロなんだということが分かりました。
デッキの上から無作為に5枚墓地に送る罠カードである針虫の巣窟ですが、墓地にゾンビキャリアやグローアップバルブなどが仕込まれるだけで様々なアドパンテージを使用者に与えることになるので非常に優秀なカードだと思います。
反面どんなデッキなのかがすぐわかってしまうのでプレイ面での対策などがたやすくできてしまうのが難点でしょう。
しかし今回の場合は全てが良い方向に働き、グデムさんは理想の動きが出来たのだと思います。
2枚目のSSシーンは、スターとショコちゃんとのデュエルシーンです。
チーム内からも無双や逆転の声援があったのですが、僕はこういうシーンでなにかやらかす子なので案の定ミラクルシンクロフュージョン使ってアルティメットサイキッカーを召喚しちゃいました。
長くこういうデッキ使ってると分かるもので、前回はオーディンを召喚してあっさり除去しつづけられて負けてしまいました。
今回のケースは、その予想をはるかに上回る出来事が起きました。
まずグレートトルネードで攻撃力を半分にされてあっさり他のモンスターに殴られて終わったのかと思いきや、ショコちゃんは「いっただきーw」という掛声とともに死者蘇生を発動してアルティメットサイキッカーを僕の墓地から蘇生させちゃいました。
当然勝てるはずもなく、自分の召喚した最強のサイキックモンスターの猛攻を受けて負けました。
これほどの強さならYOC決勝でも必ずや良い成績を残してくると内心ホッとしてました。
交流戦としては負けてしまいましたが、この戦いでチーム内のメンバーには良い刺激になったのでOZ内からも予選通過者が出てくれることを期待しています。
交流戦に参加してくれたメンバー並びにグラディオーソメンバーの方々ご苦労様でした。

by duelstar

2011-09-21

Meteor交流戦

ミーティア交流戦SS1
ミーティア交流戦SS2
ミーティア交流戦SS3

duelstar vs FredaEsgrand ○
donim vs FredaEsgrand ○
daama○ vs FredaEsgrand
xxChocoratxx vs BTA ○
daama○ vs BTA 
daama vs hide0112 ○
RinShineX27 vs hide0112 ○
akinofu vs miremon ○

 9月18日(日)8時30分より本来なら団内戦(タマ)をする予定でしたが、翌日が敬老の日で休みということもあって内戦を1日ずらすことにしてチームMeteor(ミーティア)と交流戦をすることになりました。
結果は上の記録を見てもらうと分かるように2対6でMASTEROFOZの敗北でした。
 それでは交流戦のシーンを3つ撮っておいたのでそれを見ながら今回の交流戦をまとめていきたいと思います。
 まず1枚目のSSからですが、上のFredaEsgrandさんは交流戦仕様のとても強いマシンガジェット系のデッキですね~強いし手札事故もおきにくい良いデッキだったと思います。
 対して下のduelstar(自分)はどうでしょうか?遊んでますね~交流戦なのになんか場違いのものが見えてると思いますが極神聖帝オーディンが場に光臨してます。
 もしこれで神が場に出なければ、良い笑い者だったと思うのでオーディンだけでも出てくれたのは不幸中の幸いでした(手札状況から察してもらえると思いますが2体目の極神皇ロキの召喚も狙ってました)
 当然アド差が半端ないので手札に温存してあるマシンナーズフォートレスの猛攻を受けて敗北しました。
 チームの皆は交流戦を盛り上げるためにしてくれたことだと笑って許してくれました(有難うみんな^^)
 次に2枚目のSSですが、donim vs FredaEsgrand の試合でフリーダさんは前と同じマシンガジェットで対してドニさんはカラクリデッキでした。
 場を見てもらうと分かると思いますが、この時点でフリーダさんはイベントやフリー対戦であれば敗北してます。
 ですがドニさんは、この時点で8000ポイントのライフを削りきることを察知して途中で攻撃をストップしたのです。
 この試合は実にこれからの交流戦をする上で考えさせられる試合で、1ターンに8000以上を超えるダメージを与えてはならないというワンターンキルの規則を改めて再認識させられることとなりました。
 通常機械族デッキであれば制限カードであるリミッター解除さえ入れなければワンキルには届かないだろうと思い込んでましたが、今の環境では装備魔法やシンクロラッシュなどライフ8000を削りきるコンボは多彩に存在するのでカラクリのシンクロを繰り返すだけで容易に8000に到達するので次回からの交流戦では特に注意したいと思います。
 その後にフリーダさんは手札のブラックホールを発動して形勢をひっくり返し、逆転勝利しました。
 最後に3枚目のSSは、daama vs FredaEsgrand 戦です。
 チームで唯一勝ち星2つを取ってくれたのはこのダーマさんで、この試合展開も実に見事でした。
 フリーダさんは3戦目もマシンガジェットで、対するダーマさんはアンデットデッキにクイックシンクロンを投入するという一風変わったデッキで対抗しました。
 特にこの試合で大活躍したのはファラオの化身で、シンクロ召喚の素材になった場合に墓地に存在するレベル4以下のアンデットモンスターを特殊召喚するという能力をもっているので、場にチューナーモンスターが存在していればさらにシンクロ召喚が可能になります。
 ジャンクデストロイヤーとブラックローズドラゴンを場に展開させて最後に選択したゾンビマスターを復活させて5900のライフを一気に削りきり見事に勝利しました。
 新制限になってから初の交流戦でしたが、非常に盛り上がり互いに良い交流を深めることが出来たと思います。
 交流戦に参加してくれたメンバーの方々、並びにミーティアのメンバーの方々ご苦労様でした。

by duelstar

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。