--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-06-29

第88回MASTEROFOZ団内戦

2蝗」蜀・姶・狙convert_20110629231706
2蝗」蜀・姶2_convert_20110629231737
2蝗」蜀・姶3_convert_20110629231802

 6月26日(日)に団内戦を開催しました。
 今回は、予定ではTAMAルールで開催するはずでしたが、人数が集まらず急遽変更して普通のルールで募集をかけようとしていたときにチームサニーオレンジ様から交流戦のお誘いがあったので、サニーオレンジのメンバーをゲストに迎え団内戦をしました。
 チームメンバーはそれなりに参加人数はいたので全滅することはないだろうと思ってましたが、1・2回戦の時点でGDMw0さん以外は全員敗北してしまいました。
 最終の決勝戦は、チームリーダーであるnanako775さんとxxChocoratxxさんの対戦となり、激戦の末xxChocoratxxさんの優勝となりました。
 団内戦に参加してくれたチームメンバー並びにゲストで参加してくれたサニーオレンジ様ご苦労様でした^^
 また機会があれば、今度は正式な交流戦でお相手したいチームです。
 次の週は、人数が揃えば今度こそTAMAルールで内戦を行いたいと思いますのでチームメンバーの皆さんご協力宜しくお願いします。
 
by duelstar

スポンサーサイト
2011-06-21

第87回MASTEROFOZ団内戦

蝗」蜀・姶・狙convert_20110621221517
蝗」蜀・姶2_convert_20110621221547
蝗」蜀・姶3_convert_20110621221616

 6月19日(日)に団内戦を開催しました。
 一応正式な連絡を入れてはいない状態での開催で都合がつかなかった方もいましたが、多数参加してもらい無事終了しました。
 午後8時半からスタートということもあってサテライト開催で内戦をしました。
 1位、2位、ベスト4に景品授与というシングル戦で白熱した試合がほとんどでした。
 ですがほとんどの試合で多く使われていたカードがあったので下に画像を紹介しておきます。

 potofduality.jpg

 強欲で謙虚な壷、略してゴウケンと呼ばれる遊戯王オンラインと遊戯王OCGの両方で高い支持を受け、今も値段が共に高騰しつつある1枚です。
 効果は3枚引き1枚手札に加えるというものでこの3枚は相手に公開となるもので、このターン特殊召喚が出来なくなります。
 どのデッキにも特殊召喚は大きく関わってくるものですが先攻のターンでいきなり動くことはまずないので、このカードで先攻の理を生かし罠カードなどを手中に収めるのが基本となる戦術でしょう。
 優勝したtamaQさんは、このカードを巧みに操りなみいる強豪チームメンバーをバッタバッタとなぎ倒し頂点へと昇りつめました。
 もちろんその中に自分もいたわけですが、残念ながらベスト4に終わってしまいました。
 デュエルシーンを映してないのでどんな激戦だったのかは参加者だけが知っているわけですが、この紹介まで載せることになると恐らく1ページに収まらないので重要なカードだけ載せることとなりました。
 強欲で謙虚な壷が、遊戯王オンラインで今後どういう使われ方をしていくのかは分かりませんが、汎用性が高くどんなデッキにも入れることが出来るカードなので様々な活躍が期待できそうです。
 以上団内戦の紹介のつもりが、ゴウケンの紹介になっちゃった感じがしますが内戦に参加してくださったメンバーの皆さんご苦労様でした。

by duelstar

2011-06-12

マキシマムビート

マキシマムビート

デッキ名:マキシマムビート(コアキメイルデッキ系)

モンスター18枚

コアキメイル・ガーディアン 2
柴戦士タロ 2
コアキメイル・ロック 3
コアキメイル・クルセイダー 3
コアキメイル・マキシマム 3
コアキメイル・ウルナイト 3
コアキメイル・サンドマン 2

魔法 11枚

大嵐 1
サイクロン 1
月の書 3
コアキメイルの鋼核 3
コア濃度圧縮 1
鋼核合成獣研究所 1
鋼核初期化 1
 
罠 11枚

神の宣告 1
聖なるバリア・ミラーフォース 1
リビングデッドの呼び声 1
激流葬 1
奈落の落とし穴 2
次元幽閉 1
コアの再練成 1
鋼核の輝き 2
スターライト・ロード 1

エクストラ 15枚

キメラテック・オーバードラゴン 1
ダークエンドドラゴン 1
氷結界の龍 ブリューナク 1
A・O・Jカタストル 1
ギガンテックファイター 1
スターダストドラゴン 1
レッドデーモンズドラゴン 1
ゴヨウガーディアン 1
マジカルアンドロイド 1
メンタルスフィアデーモン 1
ブラックローズドラゴン 1
アームズエイド 1
A・O・Jディサイシブアームズ 1
氷結界の龍 トリシューラ 1
ライトニングウォリアー 1

サイド 15枚

収縮 3
我が身を盾に 1
コア濃度圧縮 1
鋼核初期化 1
砂塵の大竜巻 3
次元幽閉 2
コアの再練成 2
スターライト・ロード2

 スターのデッキ紹介第17弾は、普段見ないデッキに敢えてチャレンジしてみようと思い実践したコアキメイルデッキです。
 皆さんはコアキメイルの事は恐らく知ってはいてもデッキにして回すのはちょっと・・・と思う方が大半だと思うので、まず自分で実績をあげてから載せようと思いました。
 最初の方は慣れてないこともあって何度もCPUにすら負けてしまいましたが、コツを掴めば常勝に近い動きをすることが出来ます。
 まずこのデッキのキーカードは、何と言ってもコアキメイルの鋼核です。
 このカードをデッキから手札に加えようと様々なサポートカードが登場して今に至ります。
 なぜならこのカードをコストに発動する魔法や罠でこのデッキは構成されてるので鋼核なしでプレイするのであれば、かなりの苦戦を強いると思います。
 そしてこのデッキのエースモンスターは、コアキメイル・マキシマムです。
 このカードを一度特殊召喚に成功させてしまえば、もし墓地に送られてもコアの再練成とリビングデッドの呼び声で復活させることが出来ます(ただし手札コストで墓地に送ったマキシマムは蘇生できないので注意です。)
 マキシマムのコストは、見せるだけでは維持できないものになっていてコアキメイルというカードを墓地に送る必要性があります。
 維持するか破壊した後再生する戦術で行くのかはプレイヤー次第です。
 一応シンクロ召喚の選択肢として唯一の獣戦士チューナー柴戦士タロを採用しました。
 理由は戦闘破壊無効効果は非常に強力ですし、手札に戻りやすい性質を持っている為に獣戦士のコアキメイルを展開させる場合コストとして最適と言えるでしょう。
 このデッキのサイドデッキは、本当に適当で苦手のバーン対策や次元対策は一切やってません。
 しかし回り出すと様々なTOPデッキを凌駕する動きを見せる時がしばしばあるので決して弱いデッキではないと思います。
 後、本来バランス型のコアキメイルデッキならばコアキメイル・ルークロードという強力なカードが存在しますが著者は1枚も持っておらずトレードで集める気もないのでマキシマム3積みという結果になってます。
 カードに余裕のある方は、ルークロード2枚 マキシマム1枚で試してみることをオススメします。
 マキシマムの効果で1枚破壊した後、ルークロードをアドバンス召喚に成功すれば計3枚の効果破壊が可能なので非常に強力だからです。
 今の遊戯王オンラインの環境では、コアキメイルを実戦投入する方が非常に少ないと思うので誰でも使えるように構築したつもりです。
 もし皆さんもかばんに入れっぱなしになっているのであれば使ってみることをオススメしますよ^^
 以上スターのデッキ紹介第17弾でした。 

by duelstar




2011-06-05

SpecialPersons交流戦(2回目)

2莠、豬∵姶・狙convert_20110604234009
2莠、豬∵姶2_convert_20110604234131
2莠、豬∵姶3_convert_20110604234221

チームMASTEROFOZ vs チームSpecialPersons

1、donim ○ vs DarkMadizishNnN
2、donim○ vs yoshi0519
3、donim vs yoshiyuki0321○
4、tae○ vs LittleHouse
5、eirtracks vs SandWorm○
6、○tae vs Eternal91
7、tae vs yoshiyuki0321○
8、○xxNasukaxx vs yoshiyuki0321

5:3でチームMASTEROFOZの勝利!!

 5月29日(日曜日)にチームSpecialPersonsと再度交流戦をしてきました。
 結果は、5対3でウチの勝利ですが一進一退の攻防でどちらも譲らない気持ちで戦っていました。
 特にハイライト1枚目のdonimさんは、交流戦ではチームにいまひとつ貢献できないことを悔やんでいて今回も1回目の戦いで勝利したのですがマッチ戦であることから無効試合になりイヤなムードになりました。
 しかしその後も気持ちで負けずに突き進み、最後の魔轟神レイジオン+クリッターのサーチ効果の3枚ドローはお見事でした。
 その後の戦いは、相手のチームに帝使いが多かったのか連戦で帝を出してくる場面が多く苦戦を強いました。
 taeさんの決闘などは代表的で、ターン数を見てもらえれば分かりますがここまでで40ターンもの時間が経過してます。(こんだけ時間あったら眠れる巨人ズシンも召喚しそうな勢いです><注 カード化してませんがw)
 最後に紹介するのは、本来は自分(duelstar)が出場するはずだったのですがあいにく時間が遅くこれ以上はインし続けれない状況だったので急遽xxNasukaxxさんに出てもらいました。
 突然の大将役を見事にこなしてもらい皆の結束と団結でもぎ取った勝利だったと思います。
 両チーム出場メンバーの方々遅くまでご苦労様でした。
 機会さえあれば3回目だろーが4回目だろーがまたやりましょう^^。

by duelstar


Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。