--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-08-31

第96回MASTEROFOZ団内戦(普通ルール)

8.28内戦決勝SS縮小
8.28内戦トーナメント表縮小

8月28日(日)に参加人数13名の中、第96回MASTEROFOZ団内戦が開催されました。
数々の激戦を経て、この中で優勝したのはdonimさんでした。
使用デッキは僕がみた限りでは毎回変化していたのですが、スターと対戦したときの代行天使デッキは使ったこともあるので分かりますが非常に強力なデッキだったと思いました。
ユーザーイベントで追加されたカードでデッキを組む方も多く、これから様々な部分で活躍していくことになるカードたちなのだなと思いました。
流石に全ての決闘を確認はできませんでしたが、左のブロックで上がって来た決闘者は猛者中の猛者ご存知taeさんでした。
相変わらず巧みな試合運びで、主に魔轟神デッキを操り決勝まで勝ちあがってきたようです。
そして注目の決勝戦は、タエさんは魔轟を使わずにガジェ帝の流れを組むデッキで挑みドニさんは六武衆デッキで対抗しました。
ここでタエさんは、特殊召喚封じの王宮の弾圧を張りますが、ドニさんは六武衆の師範を特殊召喚した為に身動きが取れなくなりました。
ここでもし弾圧のコスト800ライフを払っても師範の能力で墓地からサルベージされてしまい結果支払い損になるからです。
さらにこの場には、後の真六武衆のキーカードである六武の門が存在するので武士道カウンターを増やさせるわけにもいかずますます身動きが取れないのです。
結果師範が終始場に残り続け決着がついてしまいました。
げに恐ろしきは、六武衆の師範であり六武衆の強さと言えるでしょう。
ストームオブラグナロクで収録予定の真六武衆が実装されるときが非常に恐ろしくなってきました。
現在のOCG環境は、9月1日からとうとう真六武衆シエンが制限化されカゲキと影武者のサーチ源だった紫煙の狼煙も制限になって真六武衆の弱体化となりましたが、果たしてオンラインの制限改定はどうなるのか書いている私も非常に興味シンシンです。
と団内戦とは違う話題にそれましたが、それほどに真六武衆は環境を変えるデッキなのです。
優勝したドニさんはOCGにも精通していて、このデッキをオンラインで構築できる日を待ちわびているらしいので是非とも実装された場合には対戦してその強さを見せて欲しいと思います。
団内戦に参加されたメンバーの方々ご苦労様でした。

by duelstar

スポンサーサイト
2011-08-23

第95回MASTEROFOZ団内戦(tamaルール)

内戦トーナメント表SSタマ縮小
内戦決勝SSタマ縮小

8月21日(日)に第95回MASTEROFOZ団内戦(tamaルール)を行いました。
参加メンバーは6名で、今回tamaルール初参戦のxxChocoratxx(ショコちゃん)がいました。
トーナメント表を見てもらうと分かるのですが、donimさんとxxChocoratxxさんがシードでした。
戦いはどの戦いも各自の個性が出た素晴らしいものでしたが、そんな中で奇跡的にドニさんを倒し珍しくスターが決勝まで辿り着くという珍事が起きました。
左のブロックを制したスターでしたが、そんな中で右ブロックを猛烈に勝ち上がり同じく決勝まで昇りつめた決闘者がいました。
我らのアイドルxxChocoratxxさんことショコちゃんです。
まず最初に驚いたのは、MIRRORCATこと猫やんを倒してきたという事実と、その猫やんが使っていたのが剣闘獣のタマルール仕様で恐らく猫やんのフェイバリットデッキだっただけにそれを倒すとは!と素直に感心しました。
そしてスターVSショコで対戦が開始されました。
序盤調和の宝札とドラグニティファランクスが手札に揃うという好手札だったので、これで地獄の暴走召喚を呼び込めれば団内戦でスカーレッドノヴァドラゴンが召喚できるかもしれないと夢を抱いてました。
スターが召喚するレベル8クラスのシンクロモンスターをショコちゃんは強制脱出装置や屑鉄のかかしなどで巧みにかわし、流石に地獄の暴走召喚を待っている以前にこのままでは負けてしまうと感じたのでかかしを突破できるメンタルスフィアデーモンを召喚してこのまま押し切って勝利してしまおうと思ってました。
ショコちゃんがおもむろに執念深き老魔術師を攻撃表示で召喚してきたので「ああ~サレンダーするのかなあ?流石に初参加で良く頑張ったよ~後で褒めてあげよう^^」とマジで思いました。
強制転移だ・・・・とwwwwwそこから物語(決闘)は急転直下で逆にピンチになりました。
 その後何度も逆転の機会を伺いつつプレイしてましたが、アキュリス効果で手札に残された最後の希望ミスティルを特殊召喚をするという超凡ミスをしてしまいこれによりレッドデーモンズドラゴンも出せなければギガンテックファイターも出せなくなりとうとう後がなくなり自分のメンタルスフィアデーモンにトドメを刺されるというなんとも言えない最後となりました。
 数々の激戦を経て最終的に優勝したのは、xxChocoratxxさんでした。
 今回のタマルール戦をしてて思ったことは、結構見えないところで僕も含めてミスをすることがあったなあと思いました。
 常に自分のベストプレイが出来るように過去を見つめ直し未来へ向かっていく努力をしていけばこういったミスも少なくなると思います。
 日々精進!これをモットーに次回からはメンタルスフィアに鈴つけてシツケしておくことにします^^
 団内戦に参加してくれたメンバーの方々ご苦労様でした。

 by duelstar

2011-08-20

MASTEROFOZ3周年記念大会開催!!

WS000002_convert_20110710002922.jpg
MASTEROFOZ3周年記念大会結果発表

優勝:FateHarlaownさん
準優勝:LaOhさん
3位:kadukeusuさん
4位:yamigokuさん


賞品
優勝:タウナギ+リーパー+VJ+六武の門+呪文書
準優勝:スノーマン×5
3位:ジャンデス×3
4位:ドラグニティパス全種セット


今回の3周年記念大会で見事、優勝に輝いたのはフェイトん教授さんでした!
入賞した皆さんおめでとうございます!
また機会があれば何周年記念大会やOZ杯など開催して行こうと思いますのでよろしくお願いします!

参加していただいた皆さん、ありがとうございましたm(_ _)m

by oz777

2011-08-19

バーニングソウルデッキ

バーニングソウルデッキ

デッキ名 バーニングソウルデッキ(スカーレッドドラグニティ)

モンスター 18

ダンディライオン 1
ローンファイアブロッサム 2
ゾンビキャリア 1
ドラグニティ ドゥクス 3
ドラグニティ レギオン 3
ドラグニティ ファランクス 3
スポーア 1
ドラグニティ アキュリス 3
グローアップ バルブ 1

魔法 19

ブラックホール 1
死者蘇生 1
サイクロン 2
ハリケーン 1
おろかなる埋葬 1
テラフォーミング 3
貪欲な壷 1
地獄の暴走召喚 3
調和の宝札 3
竜の渓谷 3

罠 3

王宮のお触れ 3

エクストラ 15

氷結界の龍 ブリューナク 1
AOJカタストル 1
スターダストドラゴン 1
レッドデーモンズドラゴン 1
ゴヨウガーディアン 1
ブラックローズドラゴン 1
トライデントドラギオン 1
ドラグニティ ヴァジュランダ 3
氷結界の龍 トリシューラ 1
スクラップドラゴン 3
シューティングスタードラゴン 1
フォーミュラ シンクロン 1
スカーレッドノヴァドラゴン 1

 スターのデッキ紹介第20弾は、最終目的を遊戯王ファイブディースで最高にカッコ良く最高にイカしたキャラだったジャックアトラスのエースモンスターであるレッドデーモンズドラゴンの最終形態スカーレッドノヴァドラゴンを召喚するためのデッキです。
 デッキ名は、個人的につけましたがバーニングソウルデッキです。(本当の種類はスカーレッドドラグニティというものです。)
 このデッキは一見誰でも見る普通のドラグニティデッキに見えなくもないですが、地獄の暴走召喚を採用してます。
 スカーレッドノヴァドラゴンは、レッドデーモンズドラゴンを素材としてチューナー2体でレベル12を要求するという破格の素材を用意せねばなりません。
 もちろんコツコツ素材を場に揃えて召喚もいいのですが、レッドデーモンズドラゴン自体は防御能力が皆無に等しいのでやるなら1ターンで状況を作らないと成功は難しいと思います。
 そこで一気にデッキ内のチューナーを抽出する便利な速攻魔法である地獄の暴走召喚にお呼びがかかったというわけです。
 ここからは手順を書いて置きますので、妨害さえなければアナタもワタシもバーニングソウルできるはずです。

1、墓地にドラグニティファランクスを送り、手札にドラグニティドゥクスと地獄の暴走召喚を用意しておきます。

2、王宮のお触れで相手の罠を無効にして置きます。

3、相手の場に表側攻撃表示のモンスター(ライオウ以外)がいたら準備完了です。手札のドラグニティドゥクスを召喚します。

4、ドラグニティドゥクス効果で墓地のドラグニティファランクスを装備カードにします。

5、ドラグニティファランクス効果で場に特殊召喚した瞬間手札から地獄の暴走召喚を起動します。

6、デッキと墓地と手札にある全てのドラグニティファランクスが3体並びます。(この際相手の場にもモンスターが3体並びますが、スカーレッドノヴァドラゴンの攻撃力を超えるモンスターは滅多に出ないので恐れることはありません。)

7、ドラグニティドゥクスとドラグニティファランクスからドラグニティヴァジュランダをシンクロします。

8、ドラグニティヴァジュランダ効果でドラグニティファランクスが装備カードになるので効果でまた場に特殊召喚しましょう。

9、声高らかに宣言しましょう。「王者の鼓動、今ここに列をなす。天地鳴動の力を見るがいい!シンクロ召喚!我が魂、レッドデーモンズドラゴン!」レッドデーモンズドラゴンをシンクロします。

10、続いて声高らかに宣言しましょう。「王者と悪魔、今ここに交わる。荒ぶる魂よ、天地創造の叫びをあげよ。シンクロ召喚!いでよ、スカーレッドノヴァドラゴン!」スカーレッドノヴァドラゴンをシンクロします。

11、おめでとう御座います。これでアナタもワタシもバーニングソウル^^です。

 本来ならば、画像を貼り付けたり動画を紹介したりするのが一番なのでしょうが、スターはブログ初心者なのでそのような高等技術は分かりませんしそこまで凝った記録でもないのでそうする気もないのですみません。
 この構築はあくまで基本系で確率をあげたいのであれば、今話題の強欲で謙虚な壷や成金ゴブリンなどを活用すると良いと思います。
 ライフ差などはスカーレッドが一気に取り返してくれるので成金ゴブリンはアリということは最近気がつきました。
 後、これも説明しておかないといけないので付け加えておきます。
 スカーレッドは確かに相手からの効果破壊には強く、加えて異次元の女戦士からの攻撃などからは除外して攻撃を無効にするという方法で回避することが出来るなど一見して強固なカードに思えますが弱点は存在します。
 バウンス・除外・コントロール奪取・オネストなどが弱点となります。
 後、かなり稀なケースですが攻撃無効状態で第2メインフェイズに移行した後、特殊召喚を封じるフォッシルダイナパキケファロや大天使クリスティアなどの召喚を成功させると除外ゾーンから戻ってこれなくなります。
 以上を注意した上で改良してもらえると嬉しいです。
 
by duelstar

2011-08-17

第94回MASTEROFOZ団内戦

内戦決勝普通SS縮小
内戦トーナメント表SS縮小

 8月14日(日)に第94回MASTEROFOZ団内戦(普通)を行いました。
 参加してくれたメンバーは、前の内戦と同様5名と数は少なかったのですが新パック導入後の内戦ということなので自分自身どういう環境になっているのかを確認したかったので開催しました。
 数々の戦いを経て最終的にこのトーナメントで優勝したのは、GDMw0さんでした。
 決勝SSを今回も載せて置きましたが、決勝はタエさんの新型魔轟プラントと戦うことになり、グデムさんはBFライロで戦ってました。
 この画像から分かるようにグデムさんの場には災厄をもたらす最強の黒龍ダークアームドドラゴンがいます。
 しかもこのダムドはなんとタエさんが必死に除去を繰り返したのですが、死者転生で何度も場に光臨し最後の最後までタエさんを苦しめました。
 確認している回数では、少なくともダムドは3回墓地と場をいったりきたりしてます。
 ハンドコストを要求する死者転生は、一見死者蘇生よりは劣るのですがダムドや裁きなどの蘇生では対応出来ないカードを何度も召喚できるようにしてるので優秀なカードだなあと再認識しました。
 無論そんなとんでもない極悪ドラゴンに何回も場を荒らされて無事なわけも無く、タエさんはグデムさんの猛攻の前に最終的には敗れてしまいました。
 このシーンだけ見ると、新パックの力が発揮されてないように見えますがちゃんとタエさんもグデムさんもグローアップバルブを導入してますし、今後様々な所で新パックの力は発揮されていくと思います。
 以上団内戦記事でした。
 団内戦に参加してくれたメンバーの方々、ご苦労様でした。

 by duelstar

2011-08-10

第93回MASTEROFOZ団内戦(tamaルール)

内戦トーナメント表縮小
内戦決勝SS縮小

8月7日(日)20時30分より団内戦(tamaルール)を行いました。
 参加してくれたメンバーは5名と少なかったのですが、このルールで対戦することに意義があるのでやりました。
 今回の内戦景品は、たまにはスターもいいものを出さないといけないなと思いボムフェネクスで人気が最近急上昇中のエリクシーラーを出しました。
 そして、この激戦を制して見事に優勝したのは、donimさんでした。
 決勝SSを見てもらうと分かるように、daamaさんが戦線を維持する前に湿地草原でパワーアップしたレベル2以下のアタッカーで圧倒し、オマケに追い剥ぎゴブリンも発動中のため手札もボロボロにされて観戦していた我々にも分かるワンサイドゲームの展開でした。
 さらにdonimさんのログを見て行くと、全てが違うデッキでアタックしており1回目は機皇帝と光帝クライスを巧みに扱ったものでした。
 2戦目は、六武衆でここ一番の爆発力で一気に勝利へと向かっていきました。
 総合して言えるのは、tamaルールを心から愛してるdonimさんらしいと思いました。
 私もこのルール好きなんですが、donimさんは恐らくもっとだと思います。
 毎日入念にデッキを構築し、このルールで何戦も何戦も練習を重ねた結果なんだろうなあと感心してます。
 彼のブログには、tamaルールのデッキが何個も紹介されてるので暇な方は是非見ることをオススメします。
 普通のデッキにも繋がる点はたくさんあるので見て勉強するのもいいかもしれませんね。
 以上団内戦記事でした。
 団内戦に参加してくれたメンバーの方々、ご苦労様でした。

by duelstar

2011-08-03

第92回MASTEROFOZ団内戦

内戦31日記録1縮小
内戦31日記録2縮小
内戦31日記録3縮小

スターチーム

1、MIRRORCAT 2、tae 3、GDMw0 4、duelstar

タマチーム 

1、donim 2、akinofu 3、daama 4、tamaQ

1、MIRRORCAT○ vs donim
2、MIRRORCAT vs akinofu○
3、tae vs akinofu○
4、GDMw0○ vs akinofu
5、GDMw0○ vs daama
6、GDMw0 vs tamaQ○
7、duelstar vs tamaQ○

 7月31日(日)に第92回となる団内戦を開催しました。
 今回のルールは普通のルールでたまにはサテライトトーナメントせずに2チームに分かれてやりたいという要望があったのでスターチームとタマチームに分かれて勝ち抜き戦のチーム戦を行いました。
 まず1枚目のSS画像は、1試合目の戦いである猫やんとドニさんの試合でした。
 どちらもヒーロー系のデッキを使っていたのですがドニさんがアブソルートゼロを奈落の落とし穴で除外したことにより場アドは完全に猫やんが制し決着がつきました。
 げに恐ろしきは制限のアブソルートゼロといったところでしょうか、場から離れたときに起動する破壊効果は本当に厄介ですね。
 次に2枚目のSS画像は、3試合目のタエさんとアキノフさんの試合です。
 この場面を見て分かるようにこの状態は、完全にイジメでしょうwメタモルポットの効果が的中し、その後に王家の生贄の発動が決まったとなれば僕ですらデッキの上にそっと手を置きたくなります。
 しかし、タエさんは歴戦の決闘者と言える方なのでこの流れをもしかしたら覆すのではと期待もありましたが、ぶっちゃけ無理でしたwこれはアキノフさんの豪運が成しえた奇跡と言えるでしょう。
 最後に3枚目のSS画像は、7試合目のスターさんとタマさんの試合です。
 絵だけ見るとスターが何デッキ使ってるのか分からないので説明しますと、BFを使ってました。
 対するタマさんは真炎デブリなのでしょうがゴブリンのやりくり上手も登場してるのでタマさんのオリジナルデッキなのだと思います。
 途中までは非常に白熱した試合展開だったんですが、タマさんが氷結界の龍トリシューラを召喚した時、夢も希望もなくなりましたw
 この龍が引き起こす惨事に比べたらスターダストドラゴンやゴヨウガーディアンが可愛く見えて来ますね。
 途中、タマさんの笑い声が木霊していたのでなんかトラウマになりそうですw
 一気にその後たたみかけられてタマチームの勝利となりました。
 団内戦に参加してくれたチームメンバーの皆さんお疲れ様でした。
 
 by duelstar

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。