--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-26

第103回MASTEROFOZ団内戦

第103回団内タッグ戦SS1
第103回団内タッグ戦SS2

1、スター ダーマ(2D)
2、ドニ グデム (背水の陣)
3、アキノフ アキノフ(男3人1人旅)
4、マナミ エアー(マナ☆スタ)

2D vs 背水の陣

スター vs ドニ○
ダーマ○ vs グデム
ダーマ vs ドニ○

背水の陣の勝利

マナ☆スタ vs 男3人1人旅

マナミ○ vs アキ1
エアー vs アキ2○
マナミ○ vs アキ2

マナ☆スタの勝利

背水の陣 vs マナ☆スタ

グデム vs エアー○
ドニ vs マナミ○

マナ☆スタの優勝

 10月23日(日)に第103回となるMASTEROFOZ団内戦のタッグ大会を開催しました。
 前回好評だったので、大会にかかる時間を今回は特に気をつけつつタマルールでやってみました。
 毎回様々なチーム名を決めて始めるタッグ戦ですが、今回も個性溢れる面白いチーム名が飛び出してきて始める前から盛り上がりとても良かったと思います。
 今回参加したメンバーは7名ということもあってアキノフさんだけが1人で2役のチームを結成するなど大活躍でした。(チャットの意味でもw)
 今回記事に載せたSSは2ショットで、ひとつは2Dvs背水の陣の代表戦のシーンでふたつめは背水の陣vsマナ☆スタの最終戦のシーンです。
 まず一つ目のSSは、ダーマさんvsドニさんの決闘シーンでダーマさんは燃える炎族ビートのタマルール仕様で対するドニさんはお得意のクロックパーミッションのタマルール仕様のようです。
 制限で万能なカウンター罠である神の宣告と準制限であらゆるモンスターの召喚を2000ライフを支払い無効にして破壊する神の警告がない状態でも他のカウンター罠を駆使して場を制圧し場アドバンテージも手札アドバンテージも逆転してしまったこの光景は圧巻の一言です。
 冥王竜ヴァンダルギオンも久々に見ることができましたが、本当に恐ろしい効果と破壊能力を秘めた凄いカードだなあと実感させられました。
 遊戯王には先手有利という格言がありますが、その利を生かしたこのパーミッションというデッキは見れば見るほど上級者向けのデッキだなあと思いました。
 次に2つ目のSSは、ドニさんvsマナミさんの対戦ですが実はスターは本当はこのSSは内戦記事には取り上げたくは無かったのです><
 なぜならマナミさんのデッキは、相手の嫌がる所を要所要所に突くメタビートのようなもので全戦観戦して思ったことは対戦相手に対しての同情感だけでしたw
 ですが、ある意味タマルールの範囲でこれほどまでにルシファー(悪魔)のごときデッキを作りあげたマナミさんも評価に値するものなので泣く泣く取り上げたのです。
 場を見れば分かると思いますが、次のターンも今現在のターンもドニさんは完全に身動きを取れないのです。
 場に存在する王虎ワンフーの効果で場に1400以下のカードを召喚した時点で破壊するので電池メンの下級を維持することができず成すすべがないのです。
 ドニさんの電池メンは、長く見てきてますがここまで完全に動きを止めたのを見たのは初めてでとかくワンフーの恐ろしさを知った決闘でした。
 とこのようにマナミさんとタッグを組んだエアーさんは向かうところ敵なしでとうとう優勝してしまい、マナミさんは普通のルールでもタマルールでも優勝してしまいました。
 本人曰く、他人の嫌がるところをチクチク突くのが面白くて遊戯王をやっているという話でチクチク突かれた我々(主にスター)はたまったもんじゃないですw
 しかし今回も大変盛り上がり楽しい団内戦になりました。
 内戦の時間も1時間半ほどで終わったので前回の時間の1時間短縮ができたので非常に良かったと思います。
 次回もルールを守って楽しく決闘をしましょう^^
 団内戦に参加されたメンバーの方々ご苦労様でした。

by duelstar

スポンサーサイト
2011-10-19

第102回MASTEROFOZ団内戦(タッグ戦)

第102回団内タッグ戦SS1
第102回団内タッグ戦SS2

1、タエ アキノフ (たえふ~)

2、ドニ カミコロ (ドニコロ)

3、王国 エアー (空気)

4、マナミ スター (マナ☆スタ)

5、ダーマ ヤミゴク (それはどうかな?と言える闇獄講座)

6、グデム グデム (邪龍の化身)

1、たえふ~ vs 邪龍の化身

タエ vs グデム1○
アキノフ○ vs グデム1
アキノフ○ vs グデム2

たえふ~勝利

2、マナ☆スタ vs それはどうかな?と言える闇獄講座

スター○ vs ヤミゴク
マナミ vs ダーマ○
マナミ○vs ダーマ

マナ☆スタ勝利

3、空気 vs ドニコロ

王国○vsドニ
王国vsカミコロ○
エアー○vsカミコロ

空気勝利

4、たえふ~vs空気

タエ○ vs 王国
アキノフ vs エアー○
タエ vs エアー○
 
空気勝利

5、マナ☆スタ vs 空気 

マナミ○ vs 王国
スター vs エアー○
スター○ vs エアー

マナ☆スタ優勝^^

マナミン コメント フレッシュレモンになりたいの♪・3・
スター コメント 毎回チーム名は~☆スタでいこう!w

 10月16日(日)に第102回MASTEROFOZ団内戦を開催しました。
 普段通りであれば、通常ルールで内戦を行うところをマナミさんの提案により2人づつでタッグチームを作り、交互に対戦して先に2勝したチームを勝者とする遊戯王オンライン版タッグ戦を行いました。(タッグフォースなどのようなターンごとにプレイヤーがチェンジするシステムは現オンラインには未実装ですのでここで言っているのはチーム戦の簡易版だと思ってください。)
 総勢11名メンバーが集まったので6チームを構成し、それぞれ個性溢れるチーム名をつけてもらい開始しました。
 私はこの話を持ちかけたマナミさんとパートナーになったのでマナ☆スタでチームを結成して、いざ戦いに赴きました。
 SS1枚目の場面は初戦の相手チーム それはどうかな?と言える闇獄講座 の代表であるダーマさんで対するはメタをつかわせたら右に出るものはいないマナミさんにお願いしました。
 このダーマさんとヤミゴクさんのチーム名はひたすら長いので早い段階で叩かないと記録を取り辛いのでスターもマナミさんも全力で立ち向かいました。
 ヤミゴクさんには私が戦い、レンタルして使わせてもらってる鳥剣闘獣を使用し、速攻に次ぐ速攻で勝負を早々に決めてマナミさんに繋ぎました。
 マナミさんは、初戦はダーマさんのありえないほどの猛攻にあえなく敗れ、代表戦もマナミさんにお願いして貰いましたが第42ターン以上かかる激戦でした。
 ダーマさんは僕が本日レンタル要請が来ていたので必要分を貸したアンデシンクロンで、調律・シンクロンエクスプローラー・ジャンクデストロイヤー・ジャンクアーチャー全てを存分に使い切ったという凄い戦いぶりでした。
 それに対してマナミさんは、始めのターンからこの画像で紹介されている第31ターンまでまともにモンスターを引くことが出来ず、ただ魔法と罠で巧みにダーマさんを翻弄し、このターンでとうとう流れを取り戻して反撃していったのです。
 諦めねばデッキは必ず答えてくれるという格言通り、見事に勝利しました。
 SSの2枚目は、このタッグ決闘内戦の最終戦であるチーム 空気 とチーム マナ☆スタ の代表であるエアーvsスターの戦いです。
 画像を見てもらえば分かるようにエアーさんは光デュアルデッキで対してスターはデッキ紹介にも挙げた14連に成功した魂の諸刃六武で挑みました。
 エアーさんは、初手にオネストで師範を潰しその後のターンで1度無効になったサイクロン後に放った死者蘇生でオネストを場に戻し手札に戻して真六武衆の命ともいえる真六武衆シエンを戦闘破壊し万全の体勢でターンエンドしました。
 この時点で恐らく2枚の伏せの内に1枚はデュアルスパークと読んでいたので、手札にはブラックホールのみだったために半ば諦めかけてました。
 しかし!その後に引いたカードこそデステニードローともいうべきカードでそのカードの名は・・・・死者蘇生です。
 遊戯王を代表する最強のカードの呼び名も高い死者蘇生を引いたことによりスターを勝利へと導く鍵となりました。
 まずブラックホールを使用し場に存在するアナザーネオスを破壊してデュアルスパークを使えない状態にしておきます。(このときにエアーさんがチェーンをかけてデュアルスパークを使うのかとも思いましたが、仮にもファイナリストであるエアーさんが最高の除去手段であるデュアルスパークの無駄打ちとも言える行為をするわけもないと思ったので8割方発動はないと思ってました。)
 そして満を持して死者蘇生を使用し、シエンを復活させて単発魔法と罠を抑制します。
 完全に流れを取り戻し 真六武衆の展開性を駆使して見事に勝利しました。
 非常に今回の内戦は盛り上がりタッグ戦の面白さと奥深さを堪能しましたが、反省点もありました。
 8時半から11時くらいまでかかったので、時間がかかりすぎたというのがあります。
 次回からは同時にすべてのタッグ戦を開始して時間短縮をしてなんとか1時間以内におさめたいと思います。
 内戦に参加してくれたメンバーの方々ご苦労様でした。

by duelstar

2011-10-17

オメガウェポンゼロ(タマルール)

オメガウェポンゼロ

デッキ名:オメガウェポンゼロ(タマルール)

モンスター 18

シャインエンジェル3
コーリングノヴァ 3
レベルウォーリア 1
ヴァイロンキューブ 3
ヴァイロンチャージャー 3
トライデントウォリアー 1
ヴァイロンスフィア 1
ヴァイロンテトラ 1
ヴァイロンステラ 1
ヴァイロンプリズム 1

魔法 16

団結の力 1
静寂のロッド ケースト 3
ヴァイロンマテリアル 3
ヴァイロンマター 3
ヴァイロンコンポーネント 3
ヴァイロンエレメント 3

罠 6

リミットリバース 3
トラップスタン 3

エクストラ 15

ミストウォーム 1
大地の騎士ガイアナイト 1
ギガンテックファイター 1
スターダストドラゴン 1
マジカルアンドロイド 1
AOJライトゲイザー 1
神聖騎士パーシアス 1
アームズエイド 1
パワーツールドラゴン 1
エンシェントホーリーワイバーン 1
ヴァイロンシグマ 1
ヴァイロンエプシロン 1
ヴァイロンデルタ 1
ヴァイロンアルファ 1
ヴァイロンオメガ 1

 更新が遅れて非常に申し訳有りませんが、スターデッキ紹介第23弾であるオメガウェポンゼロ(タマルール)を説明したいと思います。
 まず何はともあれこのデッキの主格であるヴァイロンオメガ召喚の手順を簡単にご説明します。

1、ヴァイロンチャージャーと静寂のロッドケーストとヴァイロンの装備魔法を2枚ある状態にします。

2、ヴァイロンチャージャーに静寂のロッドケーストを装備します。

3、その状態でヴァイロンコンポーネントORヴァイロンマテリアルを装備します。

4、静寂のロッドケーストには対象をとる魔法の効果を無効にして破壊する効果があるのでヴァイロン装備魔法は破壊されます。

5、ヴァイロン装備魔法には破壊されたときにヴァイロンと名のついた魔法カードをサーチする効果があるので、この効果で永続魔法ヴァイロンエレメントを手札に加えて発動します。

6、2枚目のヴァイロン装備魔法を発動して同じ系統のヴァイロン装備魔法をサーチしてください。

7、このときヴァイロンエレメントの効果が起動しヴァイロンシンクロ召喚専用のヴァイロンと名のついたチューナーをデッキから特殊召喚できます。

8、オメガのレベルは10で、ヴァイロン+ヴァイロンチューナー2体で召喚できるのでレベルを調整してチューナーを展開してください。(3+3や4+2などどちらでもかまいません)

9、シンクロレベル10ヴァイロンオメガ光臨です^^

10、ヴァイロンモンスターが場に出揃ったら、このシンクロするために使用したヴァイロン装備魔法をヴァイロンマターで墓地からデッキに戻して置くと良いです。

 簡単に説明といっておいて何なんですが、事実ここまでの手順が必要な装備コンボデッキです。
 一見ヴァイロン装備魔法を2枚サーチすることは難しそうに思えますが、レベル7のシンクロでヴァイロンデルタというモンスターは守備表示で召喚して置くとエンドフェイズにデッキから装備魔法をサーチしてくれる守備力2800の頼れるカードです。
 それにレベル7のシンクロサポートにヴァイロン関係ではありませんが、トライデントウォリアーとレベルウォリアーを採用しました。
 ヴァイロンシンクロは全て光属性を指定しているのでこの2つのモンスターは展開し易い光属性モンスターです。
 レベルウォリアーはサイバードラゴンのように相手の場にモンスターがあり自分の場にモンスターがいない状態で特殊召喚するとレベル4になるのでレベル3のヴァイロンチューナーでシンクロ召喚が可能です。
 トライデントウォリアーは、召喚時効果で手札からレベル3のモンスターを特殊召喚できますのでこれもヴァイロンシンクロレベル7に相性の良いカードです。
 とこのようにヴァイロンオメガの召喚手順は書きましたが、肝心のヴァイロンオメガの効果もご説明しましょう。
 このヴァイロンオメガというカードはシンクロ召喚時効果として通常召喚したモンスターを全て破壊する効果があります。
 そして1ターンに一度墓地に存在するモンスターを装備魔法扱いとして装備させる効果をもっています。
 オメガにはあらゆる効果モンスターを装備魔法を墓地に送ることで無効にする効果が備わってます。
 つまりこのモンスターは攻撃力のデカイ効果を駆逐する強力モンスターということです。
 この効果は非常に強力ですが反面、罠に対しての対応が手薄になるのでトラップスタンで守れるように一応してあります。
 あとリミットリバースを採用した理由は、ヴァイロンチャージャーの攻撃力は1000でシンクロ後には必ず墓地にいるので1度目のオメガ召喚を果たしたら墓地から蘇生して他のヴァイロンシンクロを召喚できるように入れておきました。
 もしこの説明でも良く分からないという子がいれば、遊戯王オンライン内の僕に話しかけて貰えばお答えしますし他の有名なデッキ紹介記事をご覧になることをオススメします。
 以上スター第23弾デッキ紹介でした。

by duelstar

2011-10-12

MASTEROFOZ新リーダー

どうも皆さんお久しぶりです。

MASTEROFOZリーダーのoz777です。インは出来るだけしますが回線の問題で本格的に活動出来ないので一旦リーダー権を副リーダーのduelstarさんに預けたいと思います。

やはりリーダーの居ないチームではまとまりがつかないのでスターさんにリーダー権を預けます。

これからも新リーダーを筆頭にチームMASTEROFOZをどうかよろしくお願いします。

by oz777

2011-10-11

第101回MASTEROFOZ団内戦

101回団内戦SS1
101回団内戦SS2
101回団内戦SS3

アキノフチーム

アキノフ ミラ エアー ダーマ グデム

スターチーム

スター ドニ ショコ 赤 キャリ

赤 vs アキノフ○
ショコ○ vs アキノフ
ショコ○ vs エアー
ドニ○ vs ミラ
ドニ○ vs ダーマ
キャリ vs グデム○
スター○ vs グデム

 10月9日(日)に第101回となる団内戦(タマルール)を行いました。
 ちょうど団内戦の前日にDT11弾オメガの裁きが収録され、デッキを大幅に強化した面々が様々なデッキを今回見せてくれました。
 内戦形式はサテライト方式を取らずに、アキノフチームとスターチームに分かれて勝ち抜き交代有りの状態で試合をしました。
 ではこれからその試合を1ショットずつ見ながら今回の内戦を振り返りたいと思います。
 まず最初のSSは、赤 vs アキノフ戦で赤さんはブラックマジシャンガールを筆頭に強力な魔法使い族で統一されたデッキでどのカードも皆が良く見たこともある懐かしいものでした。
 対してアキノフさんは、アルティメットインセクトを軸にした昆虫デッキで恐らく隙あらば地底のアラクネーも飛び出しそうなデッキでした。
 戦いは、アキノフさんの猛攻に赤さんが成すすべもなくやられていくのかと思いきや時の魔術師を召喚し運命を賭けたコイントスに見事勝利し流れを引き戻すかに見えましたが、アキノフさんは炸裂装甲やライヤーワイヤー等の除去罠で巻き返し勝利しました。
 観戦してて思ったことは、やはり時の魔術師のコイントスは胸が熱くなるということです。
 負けても勝ってもコインに運命を託すという行為に私は感動すら起きました。
 次のSSは、ドニvsダーマ戦で戦いが始まる前に私の方からダーマさんにお願いしてラヴァル系のカードを1日レンタルし構築して挑んでもらいました。
 どんなデッキを構築してくるのか胸アツだったのですが、対するドニさんのデッキが強化されたインヴェルズデッキだったのでダーマさんのラヴァル系の真価がまったく発揮されずに恐ろしいほどの展開力でインヴェルズが場を制圧していきました。
 ドニさんのデッキには毎回驚かされますが、今回もまた驚かされることだらけです。
 基本アドバンス召喚や特殊召喚だけで戦っていくのがインヴェルズデッキなのでシンクロ主体のダーマさんのデッキとは相性は悪かったのだと思います。
 インヴェルズの先鋭も加わり、より対シンクロ色が濃くなったインヴェルズは今後様々な活躍が期待できそうです。
 最後に紹介するSSは、スターvsグデム戦で私は新作であるヴァイロンオメガ召喚を目指すヴァイロンデッキを用意し、グデムさんはガスタデッキで対抗してきました。
 決闘序盤にグデムさんが発動した自由解放で2体のモンスターをデッキに戻されるという空前絶後の除去をされて驚きましたが、ヴァイロンエレメントの効果でなんとか危機を回避しつつ攻撃を繰り返していきました。
 そしてSSにも出ているように静寂のロッドケーストをサーチして装備させヴァイロンの装備魔法をケースト装備しているモンスターに装備させることで真の力が発動するのです。
 詳しくはそのうちデッキでも紹介して説明しますが、ヴァイロン装備魔法は破壊されたときデッキ内からサーチする機能を持っているのでケーストには対象とする魔法の効果を無効にして破壊する効果がある為何回やっても破壊とサーチを繰り返すことができるのです。
 残念ながらヴァイロンオメガを召喚するには至りませんでしたが、なんとかゴリ押しで勝利することができました。
 ヴァイロンマターとヴァイロンエレメントのおかげでした。
 こうしてスターチーム5勝、アキノフチーム2勝ということでスターチームの勝利となりました。
 団内戦に参加してくれたメンバーの方々ご苦労様でした。

by duelstar

2011-10-05

EMPEROR交流戦

エンペラー交流戦SS1
エンペラー交流戦SS2

1、xxChocoratxx vs F6yuuki ○
2、duelstar ○ vs F6yuuki
3、duelstar ○ vs LEVIA
4、duelstar ○ vs DarkVampireJoker
5、duelstar vs METALGELAS ○
6、donim vs METALGELAS ○
7、eirtracks vs METALGELAS ○
8、GDMw0 ○ vs Rush10
9、GDMw0 vs METALGELAS ○

10月2日(日)に本来は団内戦(タマルール)を開催する予定なのですが、チームEMPEROR様から交流戦のお誘いが来たので急遽団内戦を延期して交流戦を開催することになりました。
チームEMPERORのメンバーは、大半がファイナリストの称号を持ち数々の歴戦を潜り抜けてきた英雄達が集うというまさに皇帝の名に相応しい面々でした。
激戦になるのは予想がついてましたし、もしかしたら一勝も出来ずに終わってしまうのかもしれないと自分では覚悟を決めて挑みました。
今回はSS撮影が2枚と少ないのですが、この交流戦を代表するベストショットでした。
まず1枚目のSSは、レヴィアさんvsスター戦です。
自分はこの試合に入る前にレヴィさんとトライアルで戦っていて同じデッキではなかったのですが、大量の伏せをブラックローズドラゴンの破壊効果で吹き飛ばされたのが敗因となったので同じ方法でやられないように守りの厚い代行天使デッキを使用しました。
対してレヴィさんは、シンクロ召喚が始まるとワンターンキルさえ起きる可能性の高いカラクリデッキで挑んできました。
伏せを死守しつつ攻撃を繰り返し、その後に引いた大天使クリスティアで完全にレヴィさんの動きを封じてなんとか勝利できました。
この日のスターは、なぜか調子が良くてF6さんもレヴィさんもまともにやったら勝てるはずもない強敵だったのですが、運の力で勝つことができました。
その次の試合などは、その日に構築した真炎デブリだったのですが初手に真炎の爆発が2枚来たときは流石に手が震えましたw
しかしその好調のスターを打ち砕く恐ろしい相手がいたのです。
次に2枚目のSSは、エアーさんvsメタルさん戦です。
あっさりスターを倒し、あれよあれよと言う間にドニさんを倒しエアーさんとメタルさんの戦いとなりました。
事実上この試合は頂上決戦とも言える白熱した試合展開で、メタルさんは墓地BFでエアーさんはデブリジャンドで対抗しました。
非常にレベルの高い攻防で両者とも氷結界の龍トリシューラをシンクロ召喚しているのにも関わらず試合は動かず、とうとうターン23ターン目でメタルさんの異次元からの帰還が炸裂して惜しくもエアーさんは敗北してしまいました。
この日3連勝したスターに対して、4連勝したメタルゲラスさんというどちらも引かない連勝無双の応酬で見るもの全てを唸らせる非常に見ごたえのある交流戦だったと思います。
まあ自分のことになりますが、この前のミーティア戦で極神を操って即敗北に近い状態になったので流石に今回は真面目に戦わないとマズイだろーなwと思いどの試合も真剣に取り組んだというわけですw
結果、4対5でチームEMPERORの勝利となりましたが全員が一丸となって取り組めた良い交流戦であったと思います。
交流戦に参加してくれたメンバーの方々、並びにチームEMPERORの方々ご苦労様でした。

by duelstar

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。