--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-01-09

第110回MASTEROFOZ団内戦

第110回団内戦トーナメントSS縮小
第110回団内戦SS1縮小
第110回団内戦SS2縮小

 1月8日(日)8時半よりサテライトフリーイベントにして第110回MASTEROFOZ団内戦を開催しました。
 今回集まった団員が少なかったこともあり、人数を集めにくい時間帯でもあったのでスターが優勝者にFGDを授与するという形式で内戦を開催しました。
 今回は普通のルールだったこともあるのでフリーで募集しても充分楽しくなるだろうと思いこういう形でやりましたが、準決勝の段階でスターとアキノフさん以外全敗という事態は想定してませんでした。
 今回のゲスト参加者は合計9名いたと思いますが、激戦だったということがこの事実で分かります。
 結果だけを言えば、決勝までOZ団員が生き残れず全滅してしまったのですが、集まってくれたフリーの方々は非常に満足してくれたみたいなのでイベント的には大成功でした。
 まず最初のSS1枚目は、準々決勝で当たった組み合わせでスターvsマナミ(今はミーティア所属)です。
画像を見てもらえば分かりますが、場にトリシューラが出て全ての望みを絶たれている状態で大逆転勝利しました。
 ログを見てもらえば分かるのですが、マナミさんはこのトリシューラを2回召喚に成功させてます。
 1度目は普通にデブリジャンドの必勝の流れで召喚し、2度目は墓地にいるトリシューラを貪欲な壷でエクストラに戻してから再召喚してます。
 じゃあなんでスターは死んでないのか?というとそれ以上のモンスターで対抗したからです。
 ここに至るまでに第24弾スターデッキ紹介でも説明したドラグヒーローで波動竜騎士ドラゴエクィテスとスターダストドラゴンのアタックがモンスターごしに成功していて、さらにミラクルフュージョンで召喚されたトルネードの攻撃もモンスターごしに受けているのでライフアドバンテージは確実にこちらが上だったのです。
 しかしやっぱりトリシューラ2回は予想以上に厳しく、大半の素材は全て除外ゾーンにありここから勝てる見込みはデッキに4枚あるエアーマンとアナザーネオスを引いて無防備なドッペルトークンに殴りかかることでした。
 普通は引けない!大抵2枚目のお触れか調和の宝札あたりがくると思っていたら奇跡のアナザーネオス引き!感極まって思わずPC前でガッツポーズをしてしまいました。
 どんなときにも言えることですが希望は捨ててはいけないものですね~。
 SS2枚目は、ゲスト様2名のキメルゼさん(墓守)vsラケット(ドラグニティ)さんです。
 戦いを見ていて勝負の決め手になったのは、魔のデッキ破壊ウイルスです。
 基本ドラグニティは攻撃力1500以下のカードだらけで構成されているので魔デッキは実に良く刺さりラケットさんも奮戦しましたがキメルゼさんの墓守に押し切られてしまいました。
 優勝は、名の通りキメルゼさんがかっこよく決めました^^
 多くの方はこれは内戦ではなくただのフリーイベントだと思われると思いますが、僕はこれでも立派な内戦だと思います。
 次回は団員だけで内戦が執り行えるような人数が集まって欲しいと願います。
 今回内戦に参加してくれたメンバー並びにフリー募集に応じてくれた方々ご苦労様でした。

by duelstar

スポンサーサイト
2012-01-04

ドラグヒーロー(エクィテスドラグ)

ドラグヒーロー

モンスター 16

E・HERO オーシャン 2
E・HERO エアーマン 1
E・HERO アナザーネオス 3
ドラグニティ ドゥクス 3
ドラグニティ レギオン 3
ドラグニティ ファランクス 2
ドラグニティ アキュリス 2

魔法 21
 
死者蘇生 1
おろかなる埋葬 1
増援 1
テラフォーミング 3
ミラクルフュージョン 2
エマージェンシーコール 1
未来融合 1
デュアルスパーク 2
調和の宝札 3
ミラクルシンクロフュージョン 3
竜の渓谷 3

罠 3

王宮のお触れ 3

EX 15

E・HERO アブソルートZero 1
E・HERO The シャイニング 1
E・HERO Great TORNADO 2
波動竜騎士 ドラゴエクィテス 2
AOJカタストル 1
大地の騎士 ガイアナイト 1
ギガンテック・ファイター 1
スターダストドラゴン 2
ドラグニティ ヴァジュランダ 3
スクラップドラゴン 1

皆さん明けましておめでとう御座います。
今年もMASTEROFOZをよろしくお願いします^^
さて新年早々スターデッキ紹介第24弾であるドラグヒーロー(エクィテスドラグ)を紹介していきます。
このデッキは、今年竜年ということもちなんで自分が新年早々考えたデッキです。
デッキの基本的な動きは、以前紹介したドラグニティのデッキ紹介記事をご覧ください。
むしろその先の動きを追求したデッキが今回のドラグヒーローです。
基本先攻を取れた場合、ドラグニティなら誰しもがファランクスを竜の渓谷で墓地に送りドゥクスからヴァジュランダへシンクロしてその次にスターダストにして先攻の場固めをするはずです。
では、もしそこに未来融合が加わるとどうなるでしょう?
下記に簡単なドラゴエクィテスを召喚する流れを説明します。

1、未来融合で指定をGreat TORNADOにしてファランクスとアナザーネオス辺りを指定して墓地に送ります。

2、竜の渓谷で1枚をコストにドゥクスをサーチしてきます。

3、ドゥクス召喚後、ヴァジュランダ経由でスターダストまで召喚します。

4、墓地にアナザーネオス(戦士族)とヴァジュランダ(ドラゴン族シンクロモンスター)があるのでミラクルシンクロフュージョンを発動します。

5、初手にしてスターダストドラゴンと波動竜騎士ドラゴエクィテスが光臨します。

このケースは、初手に未来融合+ミラクルシンクロフュージョン+テラフォーミングが揃っているときにできるケースなので確率的に5回に1回の率ですが、一番召喚しやすいケースです。
ですので普通に召喚する場合は、エマージェンシーコールで送りたいヒーローをサーチ後に竜の渓谷のコストで墓地に送るのが主流になるかと思います。
あと召喚を後に回すのも効果的です。初手はスターダスト召喚しておいて後でエアーマンを召喚してサーチ後にミラクルシンクロフュージョンというのも中々強力です。
数多く決闘をこなしてみましたが、人によってこの構築は変化させても良いと思います。
大抵この3200と2500のラインを突破するのは容易ではないので多くの決闘者がこれだけで敗北してしまうのがほとんどです。
しかし弱点はやはり超融合です。場にヒーローとシンクロドラゴンが並ぶケースが多いので1枚でこの場を崩す超強力なメタカードになりうるのです。
そもそも波動をEXに入れていなくてもGreat TORNADOさえデッキ内に入れていれば超融合できてしまうので対ヒーロー戦になる場合は体制が整う前に相手を倒しきることをオススメします。
一応自分ではこのデッキは準ガチクラスかな?と思いましたがチーム内ではデッキ構築を改正すればガチにすら届く立派なデッキだと言ってくれて嬉しかったです。
皆さんも波動竜騎士ドラゴエクィテスの勇姿が見たいときは、是非このデッキをお使いすることを提案します。
これ以外にも良い案があるという方は、是非YO内のスターに助言頂けると嬉しいです。
以上スターのデッキ紹介でした。

by duelstar

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。