--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-30

第116回MASTEROFOZ団内戦(tamaQルール)

内戦SS1
内戦SS2

1、スター○ vs アキノフ
  メタキン vs ザコック○
  世界○ vs エアー

2、スター vs メタキン○
  アキノフ vs ザコック○

3、スター○ vs 世界
  エアー○ vs アキノフ 

4、メタキンvs世界○ 
  ザコックvsエアー○
  
5、スター○vsザコック
  アキノフ vsメタキン○

6、メタキンvsエアー○
  アキノフ○vs世界

7、スターvsエアー○
  ザコック○vs世界 

スター 3勝
アキノフ 1勝
メタキン 2勝
ザコック 3勝
世界 2勝
エアー 4勝

エアー優勝

 3月25日(日)の8時30分より第116回となる団内戦を開催しました。
 前回参加してくれたメタキンさんザコックさん世界さんが3名揃っていたので、今回も総当り制のtamaQルール戦で勝ち数の一番多い方を優勝するという形式で内戦を行いました。
 毎回様々な個性溢れるデッキが誕生して、我々の目も魂も満足させてくれる面々ばかりですが今回も見ごたえのある戦いが多く代表した戦いを選ぶのに苦労しました。
 まず1枚目のSSとして選んだのは、第3試合目のエアーvsアキノフ戦です。
 アキノフさんは伝説の都アトランティスを主軸に据えたダイダロス軸デッキで、下級モンスターであるコダロスも機能していて非常に強そうな印象でした。
 しかしエアーさんはアキノフさんと同じフィールド魔法軸のデッキなのですが、宝玉獣デッキで対抗してきました。
 誰しもデッキを組んだことがあるなら分かると思いますが、宝玉獣デッキはそのほとんどが魔法カードで占めており対策を積まれると反面脆いという印象をしていると思います。
 しかしtamaQルールでは恐らくどのデッキよりも特殊召喚に特化しており安定という意味では恐らくTOPクラスの性能であるとスターは思ってます。
 現にアキノフさんは何回もエアーさんの目論みを阻止しようと妨害しますが、持ち前の場持ちの良さと容易な特殊召喚の方法によりアキノフさんを次第に追い詰め、宝玉の氾濫を起動したと同時に勝負が決しました。
 誤解している方も多いので説明すると宝玉の氾濫は墓地に送る効果なのでスターダストドラゴンの効果無効破壊の能力はまったく機能しません。
 ですので対宝玉戦において理解している方は、宝玉を4つセットさせてはいけないということだということですね。
 2枚目のSSは、ザコックvs世界戦です。
 この試合途中までは世界さんの押せ押せ展開でしたが、ジェムナイトとヒーローの優秀な融合体の前に世界さんのデュアル系モンスターが次々とやられていき、映像にもあるように炎のエレメンタルヒーローノヴァマスターの 効果で確実にアドバンテージを取られ勝敗が決しました。
 サテライトでのパック出現の極めて厳しいノヴァマスターですが、やはりここでも大活躍でした。
 モンスターを戦闘破壊すれば1枚ドローできる。単純に素晴らしい効果なのが分かります。
 特にtamaQルールでは汎用モンスター破壊は制限されているため相手のモンスターを対処するには個々のデッキの性能で対応するしかないのです。
 スターもこのルール慣れているほうだと思ってましたが、一番の自信を持っていたエレキデッキがエアーさんに完封されてしまったのでまだまだ未熟であると強く実感しました。
 団内戦に参加してくれたメンバーの方々ご苦労様でした。

by duelstar

スポンサーサイト
2012-03-22

第115回MASTEROFOZ団内戦(tamaQルール)

115回内戦1
115回内戦2

第1試合、 FX○  vs ザコック
      セカイ○ vs アキノフ 

第2試合、 スター○ vs グデム
      FX○  vs メタキン
      セカイ  vs ザコック○

第3試合、 スター vs メタキン○
      FX○ vs アキノフ
      セカイ vs グデム○

第4試合、 スター  vs ザコック○
    FX  vs セカイ○
      アキノフ vs メタキン○

第5試合、 スター○  vs FX
      アキノフ○ vs グデム
      ザコック○ vs メタキン

第6試合、 アキノフ vs ザコック○
      スター  vs セカイ○
      FX   vs グデム○

FX3勝、セカイ3勝、スター2勝、アキノフ1勝、メタキン2勝、グデム1勝、ザコック4勝
ザコックさん優勝。

 3月18日(日)20時30分より第115回MASTEROFOZ団内戦(tamaQルール)を開催しました。
 第115回からOZのタマルールに4名の新たな参加者が増えました。
 FXさんとザコックさんとセカイさんとメタキンさんです。
 今回のタマルールはいつもの面子とは違う新たなタマルール戦が期待できると思ってましたが、予想以上でした。
 まず最初の1枚目のSSですが、セカイvsアキノフ戦(ワームvsインセクト)なのですが、何と言っても目につくのは普段見慣れない永続罠である暴君の威圧でしょう。
 出は、スターストライクブラストからのこの罠ですがモンスター1体をコストに場のモンスターを罠の効果から守る永続罠です。
 アキノフさんは砂塵の大竜巻で1枚目の毒蛇の供物を破壊しましたが、この罠をHITできずに場に残ったので我々はこの罠の効果の強さをじっくり見ることができました。
 墓地の昆虫を除外コストにしてモンスターを破壊するライヤーワイヤーがセカイさんの暴君の威圧の効果で破壊されずそのままアキノフさんを暴君がねじ伏せた感じに見えました。
 とこのように新規の普段使わないカードをこの4名は特に多く使用するので毎回のデュエルが予想できない非常に楽しいものとなりました。
 2枚目のSSは、セカイvsザコック戦(クラッシャーダークvsサクリファイス)でした。
 最初のデュエル展開では、セカイさんのジェネクスクラッシャーの効果でザコックさんのモンスターたちがどんどん破壊されてこのまま押し切られるのか?と思いましたが、相手が強ければ強いほど吸収して力にするサクリファイスが場に出たと同時に流れが大きくザコックさんに傾きついには画像にも分かるように全モンスターを吸収されてセカイさんの場にモンスターがゼロになってしまいました。
 手札にエフェクトヴェーラーも控えているのも確認できるのでここから逆転させないように手を用意してるんだなあとスターは感心してしまいました。
 このように試合は第6試合まで進み、総合成績でTOPだったザコックさんが優勝となりました。
 毎回このように独自の特徴あるデッキが活躍して戦う相手にもエンターティメントを味わわせるデュエルを目指していこうとスターも思いました。
 団内戦に参加してくれたメンバーの方々ご苦労様でした。

by duelstar

2012-03-16

第114回MASTEROFOZ団内戦

内戦記録1
内戦記録2

1戦目  スター:アキ○     ○グデム:ヴィクトリー
2戦目  エアー:スター○     アキ:グデム○
3戦目 ○ヴィクトリー:スター  ○エアー:アキ
4戦目  グデム:スター○    ○ヴィクトリー:エアー
5戦目  エアー:グデム○    ○アキ:ヴィクトリー

1位 グデム 3-1
2位 スター、アキ、ヴィクトリー 2-2
5位 エアー 1-3


 3月11日(日)20時30分から第114回となるMASTEROFOZ団内戦(通常ルール)を久々に開催しました。
 アルティメットマッチ開催中ということもあって、しばらくの間団内戦自体が中止状態になってましたが、今回人数も揃い久々に対戦してみたいとのことだったので開催に踏み切りました。
 対戦記録を見てもらえば分かるように総当り制(スイスドロー形式)で行いました。
 とはいってもOCGでは頻繁に行うスイスドロー形式ですが、スターはやったことはあっても集計とかは全然理解してなかったので、そのあたりに詳しいエアーさんに聞きながらすすめていきました。
 そして合計ポイントで一番優秀な成績を収めたグデムさんが今回は優勝しました。(グデムさんおめでとう御座います。^^)
 SSの風景を見てもらえば分かるように皆通常ルールの中で互いの持てる最大のパフォーマンスで応戦したという感じでした。
 スターはデッキを毎回変更して、好きなように戦っていきましたし、会長(ヴィクトリーポイントさん=oz777さん)はライロ1筋と個々の特徴が出ていたと思います。
 SS1枚目のヴィクトリーvsスターの1戦は、オメガであと一歩というところで地砕きで全てがひっくり返ったという戦いでした。
 実際オメガ召喚までこぎつけたのが奇跡に等しいデュエルでしたが、ある意味そうなるようにコントロールされていた感があります。(初手で会長がダストシュートをしたからです><)
 非常に白熱した戦いで楽しかったです。
 SS2枚目のグデムvsヴィクトリーの1戦は、最初ライロの猛攻に何もできずに終わってしまうのかと思いきや一気に展開し始めてユニコール、トリシューラが並び鉄壁の状態にあれよあれよというまになっていった凄まじいデュエルでした。
 OCG観戦時に聞いた話ですが、「制限カードが2枚重なると大抵奇跡のような動きしますよね」とつぶやいていたのを思い出してしまいました。
 この場合グデムさんは初手に手札抹殺と貪欲な壷を持っていたので、奇跡は偶然ではなく必然であるということが分かります。
 ともあれライロの命ともいうべき手札と墓地を一気に封じられてヴィクトリーさんはグデムさんの猛攻に耐え切れずに勝敗が決しました。
 とこのように皆さんアルマで忙しい中多数参加して頂き有難う御座いました。
 更新がこのように毎回遅れて大変申し訳ありません。更新者のリアルでの多忙によりこのようになってしまってます。(今週のスターの仕事は土曜も日曜も戦場です!><)
 しかし遊戯王オンラインは自分の大切なライフワークのひとつなので極力続けていけるように努力します。

by duelstar

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。