--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-11-05

スピコン(スピリットコントロール)デッキ

スピコン
デッキ名:スピコンデッキ

皆さん今回もすたあのちょっと怪しいデッキ紹介をさせて頂きます。
今回のデッキは遊戯王オンラインではたびたびお世話になったスピリットデッキの紹介となります。
まずスピリットモンスターの特徴をおさらいしましょう。

1、エンドフェイズに持ち主の手札に戻る。
2、特殊召喚できない。
3、基本場ががら空きになる。

以上の特徴がまあ分かりやすい特徴だと思います。
これを見ただけでは余り強くないモンスターだな~と思われがちですが、決してそんなことはありません。
場ががら空きになるということは逆に考えれば、相手の対魔法罠破壊系が余り意味を成さなくなるということです。
そしてスピリットの手札に戻るという特徴は裏を返せば手札が温存されやすいということなのでトラゴエディアなどのカードと相性が良いということです。
そして手札に戻るという効果は相手の場に移動しても機能する為、強制転移などで相手のモンスターと自分のスピリットモンスターを交換すれば実質タダで相手のエースモンスターを奪ったことになるのです。
尚、折角相手の場にスピリットを移動させるのであればついでにヤタ烏の骸で2ドローというのも美味しいです^^
このデッキには上級スピリットがカグズチ・砂塵の悪霊・鳳凰とありますがリリース要員は黄泉ガエル等で代用し、2体必要なカグズチは黄泉ガエル蘇生時にエネミーコントローラーを発動し相手のモンスターを奪いつつ黄泉を再度SSさせれば案外楽勝で確保できます。
EXはナンバーズ83以外は結構適当に入れてますが、このデッキは唯一ランク1が出しやすいデッキなのでロマンを求めるなら召喚を目指しましょうw
帝コントロールに慣れた方ならこういうデッキも面白いので是非試してみてください^^
以上すたあの制限になったのにツクヨミ使う奴ほとんどいないから救済してあげたいデッキ紹介でしたー^^(OCGからの要請w)

by duelstar

スポンサーサイト
2012-11-03

リアル(OCG)満足デッキ

リアル満足

デッキ名:リアル満足デッキ(OCGすたあ仕様IFデッキ)

OCGこと普通の野試合で最近私duelstarが使ってるIFデッキを今日は紹介します。
このデッキは強さより機能性を重要視しました^^なによりもハンドレスを維持して尚且つ鬼柳さんのごとくヒャッハーwとできるようにそれだけを目指して構築したらこうなりました。
このデッキの特色はなんと言っても煉獄竜オーガドラグーンでしょう。
遊戯王オンラインではとうとう実装されずに終了してしまった本当のIFのエースにして漫画版ファイブディースの決闘竜の1体であるオーガドラグーン、その性能はもはやチートでありチートでありチート・・・(さっきからすたあさんは同じセリフしかいってませんがご理解くださいそれだけチートなんです^^)とこのように1ターンに1度ではありますが魔法罠を無効に出来てステータスが3000というまさに鬼のようなカードです。
単純に真六武衆シエンさんが制限喰らってて2500に対して無制限で3000という事実を見てもこのカードがいかにヤバイかが感じ取られると思います。
OCG界では先攻オガドラ強いよね~とか先攻オガドラは止めないとデュエルが終わるwとか言われてますが、まさにそれですね^^
先攻でレベル8のシンクロを出現させるのは至難に感じるかもしれないですが、案外難しくありません。
例を下記に記載します。

1、ダークグレファー召喚後に手札にあるIFリベンジャーを墓地に送りデッキからヘルウェイパトロールを墓地に送ります。(初手6枚→現在4枚)

2、手札にあるIFデーモンを残して他の魔法罠をセットします。

3、墓地のヘルウェイパトロールを除外して効果でIFデーモンをSSします。

4、ハンドレスサーチ起動でIFガンをデッキから手札に加えます。

5、場のIFデーモンとダークグレファーをオーバーレイしてランク4・ラヴァルバルチェインにエクシーズします。

6、チェイン効果でコストをデーモンにしつつ墓地にIFネクロマンサーを送ります。

7、IFガンを起動させてIFネクロマンサーとIFリベンジャーをSS後にIFネクロマンサー効果でIFデーモンを蘇生させてサーチするカードは基本IFブレイクにしましょう。

8、IFデーモン+IFネクロマンサー+IFリベンジャー合計レベル8で煉獄竜オーガドラグーンをシンクロ召喚します。

9、場に煉獄竜とチェインが存在し魔法罠ゾーンにIFブレイクと他3枚の魔法罠がある状態が完成地獄予想図です。(これをチートといわずしてなんというw)

毎回こううまくはいきませんが、そもそもIFデーモンとIFビートル経由でもレベル6シンクロ後にオガドラにいけるので決まりやすいです。
1枚づつ入ってる氷結界の虎王ドゥローレンはギシルノドンとリベンジャーでシンクロできるというので入れてます。
基本使わない子なんですが、OCGでドゥローレンループを完全に理解した子に教えてもらうためにEX入りしてますw
一応この素材でエメラルループ・ガンマンループ・リヴァイエールループなどができるらしいので気になった方は勉強してみてはどうでしょうか?ぶっちゃけすたあはループは怖いけどもっと怖いのはもち時間3分以内にできる自信がないのでジャッジキル怖いんでやらないです^^
サイドが不明なのはサイドは常に変えるのがすたあ風なんで記載するのもアレだと思い敢えてなしにしました。
まあ良く見るヴェーラーさんとか転生の預言とかでしょうねえ、最近のサイドデッキは何入れてくるか分からないので時にはリバウンド(カウンター罠バウンス時にカウンターするカード)もアリだと思います。
ブリューナクが消えた今となってはバウンス自体がないように感じがちですが緊急脱出装置やモンスター効果等で環境はバウンス系が少なからず存在するので入れても刺さると思います。
僕のOCGの戦績は本当に酷いもので勝てるときと負けるときの差が激しくたいした結果も出てませんが、やはり楽しいです^^
次の対戦相手は何が来るのか分からないこの環境は、悪い気はしませんねwむしろ虫1色だったのが異常だったのだとすたあは思います。
皆さんもオンラインやADSで得た知識や経験を生かしてデュエルスペースで発揮してみてはどうでしょうか?金額は相当かかりますが趣味としては面白いと思います。
以上すたあのデッキ紹介コーナーでした。

by duelstar

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。