--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-27

インフェルニティデッキ

インフェルニティ

デッキ名:インフェルニティデッキ

 スターのデッキ紹介第7弾は、ハンドレス状態から巧みに勝利へと突き進むデッキであるインフェルニティです。
一見手札がなくなることはデメリットに繋がるものですが、このデッキは墓地に特定カードを溜め込み一気に爆発させると言ったほうが分かりやすいと思います。
 墓地に落とすカードの優先順位は、インフェルニティデーモン(以降IFと略する)>IFネクロマンサー>IFビートルという順番になるかと思います。
 ある一部の人間は2番目の優先順位はIFビートルであると思われがちですが、OCGのIF使用者は数多くIFネクロマンサーを一刻も早く落としたいとよくつぶやきますし、実際に聞いてみるとこの優先順位で間違いないと言います。
 理由はIFビートルを選択した場合シンクロ後に伸びがなく、IFネクロマンサーなら墓地からIFデーモンを蘇生させることで毎回サーチ機能を効かせることもできるし守備が2000なのでそうそう戦闘破壊されにくいという理由だそうです。
 この上記3体のカードが墓地に揃ったときにIFミラージュ召喚でスタートすれば、シンクロモンスターだけでライフ8000以上を削りきることは可能です。

 手順は下記に記載します。

1、墓地にIFデーモン、IFネクロマンサー、IFビートルが存在しデッキ内にビートルが2枚ある条件を整えること。
2、手札を全て伏せてから手札から召喚かワン・フォー・ワンからIFミラージュを場に召喚する。
3、IFミラージュで墓地からIFビートルとIFネクロマンサーを蘇生させる。
4、IFビートルを効果で2体にする。
5、IFネクロマンサーで墓地からIFデーモンを蘇生させて、IFガンをサーチする。
6、IFネクロマンサーとIFビートル1をシンクロさせてギシルノドンを召喚する。IFデーモンとIFビートル2でゴヨウ・ガーディアンを召喚する。(このときレベル2のIFビートル2が墓地に送られたことにより攻撃力が2300しかないギシルノドンが攻撃力3000になる。)
7、IFガンを発動させて墓地よりIFビートルとIFネクロマンサーを蘇生させた後、IFネクロマンサー効果でIFデーモンを蘇生させてサーチはIFインフェルノかIFブレイクをサーチしておきミストウォームをシンクロ召喚する。(注:まあこの時点でもう決着がつくのでサーチ対象はなんでもいいです。)
8、ギシルノドン+ゴヨウ+ミストウォームの合計が8300となるので冥府の使者ゴーズ等が無ければ勝利となる。

 長くなりましたが、シンクロオーバーキルをするなら一般的にこういう流れになると思うので説明書きさせて貰いました。
 状況をすぐ作れるなら手札断殺や手札抹殺で調節するのも手だと思いますし、後に実装される強欲で謙虚な壷等で素早く墓地を調節するのも良いと思います。
 今まで1ターンでライフを0にするシンクロモンスターというのは、禁止カードになったダークダイブボンバーでしたが今回のインフェルニティは複数のシンクロモンスターで一気に勝負をつけてしまうというものになりました。
 もちろんOCGでは、流行りましたしスターも剣闘獣デッキを使い対戦してみましたが和睦1枚を残して全てトリシューラに食われてしまいました><
 環境を変えるデッキだと思います。今までの安全な序盤のターンで一気に終わりになることも充分可能だと思います。
 皆さんもこれから様々な相手とデュエルすることになると思いますが、どんな相手もその1戦に全てを賭けて戦いに来てますので勝ち数レベル等などはほとんどあてになりません。1戦1戦に全魂を集中させてエキサイティングなデュエルをしてくださいね^^

by duelstar

スポンサーサイト

コメント

コメント有難う御座います

月さんお久しぶりです。コメント返すの遅れて申し訳ないです><ギシルノドンでトドメを刺すのにはいささか抵抗がありましたがコレなしでワンキル決めるとなるといろいろ打点不足になるんですよ~><まあ今後の課題でもありますな~w

月・´ω`・)ギシルノドンきやい。。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masterofoz02.blog14.fc2.com/tb.php/231-ac397783
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。