--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-05-05

シャイニングブルーアイズゼロ

シャイニングブルーアイズゼロ

デッキ名:シャイニングブルーアイズゼロ(TAMAルール)

モンスター 19

青眼の白龍 3
神竜ラグナロク 1
シャインエンジェル 3
幻想召喚師 3
青眼の光龍 2
融合呪印生物 闇 1
正義の味方 カイバーマン 3
伝説の白石 3

魔法 13

融合 1
浅すぎた墓穴 1
ライトニングボルテックス 1
非常食 2
太陽の書 2
我が身を盾に 1
滅びの爆裂疾風弾 2
龍の鏡 1
思い出のブランコ 2

罠 8
砂塵の大竜巻 1
サンダーブレイク 1
鳳翼の爆風 1
ゴブリンのやりくり上手 3
因果切断 1
正統なる血統 1

EX 15

青眼の究極竜 3
F・G・D 2
竜魔神キングドラグーン 2
Xセイバーウルベルム 1
マジカルアンドロイド 1
A・O・Jライトゲイザー 1
サイコヘルストランサー 1
A・O・Jフィールドマーシャル 1
アームズエイド 1
エンシェントホーリーワイバーン 1
スプレンテッドローズ 1

デッキ紹介第13弾は、たまには団内戦特殊ルールのTAMAルール内でのデッキ紹介をしたいと思います。
デッキ名は、シャイニングブルーアイズゼロと銘銘しました。
ギミックはブルーアイズを駆使して勝利へ突き進むように構築しようと最初は思いました。
しかしこのデッキは中心となる最終到達点へいくための過程としてブルーアイズ関連カードを利用しようと構築しました。
もちろんこのデッキの最終到達点は、神に匹敵するほどの力を持つ青眼の光龍の召喚にあります。
普通に召喚するとなると融合してからリリースということになるので青眼の白龍3枚、融合1枚、青眼の光龍1枚とキーパーツが全て必要となるので正直不可能に近く感じます。
そこでエクストラデッキから無条件に召喚することが出来る効果を持つ幻想召喚師を使うことに決めました。
このカードは、このカード以外の1体分のリリース確保をするだけで青眼の究極竜をエンドフェイズまで場に出すことが可能です。
そのカードを即リリースすれば召喚可能ということになるので単純に計算して2枚で3体融合のカードを場に出す事が可能なので破格の効果だと思います。
ただこの効果にはデメリットがありエンドフェイズにこの融合モンスターは破壊されてしまいます。
ですので究極竜はあくまで素材としての運用のために光龍さえあればデメリットも解消されるというわけです。
また幻想召喚師を活用したコンボにはさらに先があるのでそれは次の機会に紹介させてもらいますが、普通に相手ターンで発動したらただ究極がムダに墓地に送られていくだけになるのでそこはサンダーブレイクか爆風等で対処するか、自分のターンに幻想召喚師をセットし太陽の書を発動等で使うなどを活用してください。
コストには墓地に眠るブルーアイズを思い出のブランコで蘇生させて確保するという離れ技や、シャインエンジェルからリクルートした伝説の白石をリリースするといいかもしれないです。
決まればこのルールでは、ほぼ無敵に近い効果なので使ってて楽しいです。
ただこの光龍完全に無敵ではなく、あくまで対象効果を全て無効にするだけなので、対象に取らないライトニングボルテックスやつり天井にはあっさり除去されてしまうために注意してください。
以上スターの第13弾デッキ紹介でした。

by duelstar

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masterofoz02.blog14.fc2.com/tb.php/240-b66f0384
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。