--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-09-20

三極神集結デッキ(タマルール)

カミゼロ

三極神集結デッキ(タマルール)

モンスター 21

極星獣 タングリスニ 3
極星獣 グルファクシ 3
極星獣 タングニョースト 3
極星霊 リョースアールヴ 3
極星霊 デックアールブ 3
極星霊 ドヴェルグ 3
極星天 ヴァルキリア 3

魔法 8

成金ゴブリン 3
ソウルテイカー 3
簡易融合 1
二重召喚 1

罠 11

和睦の使者 1
亜空間物質転送装置 1
トラップ スタン 1
活路への希望 3
極星宝 ブリージンガ・メン 1
極星宝 グングニル 1
神の桎梏グレイプニル 3

エクストラ 15

カオスウィザード 1
魔装騎士 ドラゴネス 1
音楽家の帝王 1
ミストウォーム 1
大地の騎士ガイアナイト 1
ギガンテックファイター 1
スターダストドラゴン 1
マジカルアンドロイド 1
メンタルスフィアデーモン 1
アーカナイトマジシャン 1
AOJディサイシブアームズ 1
ライトニングウォーリア 1
極神皇 トール 1
極神皇 ロキ 1
極神聖帝 オーディン 1

 更新が遅れて申し訳ありませんでした。
 スターデッキ紹介第22弾の三極神集結デッキ(タマルール仕様)ことカミゼロの紹介です。
 まずこのデッキの特徴は、全ての極星と名のついたモンスターをフル投入していることでしょう。(一部入れてないものもありますが)
 このデッキの最終目標が極神のシンクロ召喚にあるだけにどれも互いに役割を果たし素材をサーチしたり場に特殊召喚したりするのが特徴です。
 では3つの極神の召喚の仕方のほんの1例をここに書き出してみます。

 極神聖帝 オーディン

 極星天ヴァルキリアの効果で手札から2体の極星と名のついたカードを除外することでエインへリアルトークン(レベル4)2体を自身の効果で特殊召喚するので三極神の中では一番召喚しやすい神です。
 ただ注意しなくてはいけないのは、ヴァルキリアの効果を成立させるには魔法罠ゾーンを無くさないとトークンを生成する能力を発動できないことです。
 この点は、メインに入る前に神の桎梏グレイプニルを発動するなり活路への希望を発動するなりして魔法罠ゾーンをカラにしてください。
 ヴァルキリアの召喚をする際にタマルールであれば脱出装置などを発動することもあるので、トラップスタンなどが相性が良いです。(ただし相手のターンを迎えたときにエクストラ送りになる可能性も大ですがw)

 極神皇 トール

 極星獣タングリスニの戦闘破壊後にレベル3の極神獣トークンが2体召喚されるのでその後のターンに手札から 極星獣グルファクシを召喚してシンクロにつなげるのがアニメ風のトールの召喚です。
 単純なギミックですが一番やりやすい召喚の仕方でしょう。
 他にはどの極星モンスターでもいいので戦闘破壊された後に手札から極星獣タングニョーストを守備表示で特殊召喚し、次の自分のターンに攻撃表示にするだけで極星獣と名のついたカードならなんでもサーチ特殊召喚が可能なので便利です。
 ネックはどれも戦闘に関わる効果なので相手が攻めてこないデッキだとトールが出しにくいことがしばしばあるということです。

 極神皇 ロキ

 恐らく3つの極神の中で一番召喚が難しく難易度の高い神です。
 なによりも難しくさせる要因がロキの専用チューナーがレベル5であることでしょう。
 やり方としては、1体の神が場にいる状態で手札に極星霊リョースアールヴ、極星霊デックアールブ、極星霊ドヴェルグが全て揃っていることでロキの召喚が可能となります。
 ドヴェルグ召喚で通常召喚権を1回増やし、リョースアールブ召喚で効果対象をすでに存在している神を指定し、手札からデックアールブを特殊召喚することで1+4+5でロキが召喚できます。
 他の方法は、簡易融合で音楽家の帝王を特殊召喚して先に紹介した3枚のカードを駆使すれば同じように召喚が可能です。
 どちらにしてもロキを召喚したいだけであればこのような戦術を取らずに魔法使い族の専用デッキを組むことをオススメします。
 特にマジシャンズサークルからも出せるのでトリッキーに召喚したいのであれば緊急同調なども面白いかもしれませんねwバトルフェイズ中に神を召喚することも夢ではないと思います^^

 このやり方以外にも様々な召喚方法はありますが、三極神混合の同時召喚を目指すのであれば私はこういう構築になりました。
 とにかくハンドアドバンテージを大幅に使用するデッキなので、強烈なドロー加速が必要不可欠であった為に私は活路への希望に目をつけました。
 自分と相手のライフ差2000につき1枚ドローできるという罠で発動コストは1000ポイントものライフを必要とする罠です。
 つまりライフ差が下回った場合に発動条件を満たすというので相性が良い成金ゴブリンとソウルテイカーなどはフル投入しても全然問題ありませんでした。
 ライフ差に4000の開きがあれば2枚ドローすることが出来て、6000の開きがあれば3枚もドローできるので神を召喚する前のドロー加速装置としてはうってつけの役割を果たしてくれます。
 自分からライフを変動させる手としては簡易融合も相性が良く、スターダストドラゴンなどを召喚する素材確保後に活路への希望というのも中々強力です。
 今までゴブリンのやりくり上手だけしかドロー加速としてみてこなかっただけに素晴らしいドロー加速カードだと自分は思います。
 タマルール内で今回は採用しましたが、神宣、警告等様々なライフコストカードがありライフ差4000になることが大半だと思うので1000のライフコストは痛いですが活路への希望で2ドローという戦略は充分これから使える機会が多いかと思います。
 チームの皆さんも知恵と勇気を絞って様々なことに挑戦してみてください。
 以上スターのデッキ紹介でした。

 三極神フリー対戦にて集結^^胸アツ映像(本人からの了解もらってます)

北欧神集結SS縮小

by duelstar

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masterofoz02.blog14.fc2.com/tb.php/273-2bc91122
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。