--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-10-11

第101回MASTEROFOZ団内戦

101回団内戦SS1
101回団内戦SS2
101回団内戦SS3

アキノフチーム

アキノフ ミラ エアー ダーマ グデム

スターチーム

スター ドニ ショコ 赤 キャリ

赤 vs アキノフ○
ショコ○ vs アキノフ
ショコ○ vs エアー
ドニ○ vs ミラ
ドニ○ vs ダーマ
キャリ vs グデム○
スター○ vs グデム

 10月9日(日)に第101回となる団内戦(タマルール)を行いました。
 ちょうど団内戦の前日にDT11弾オメガの裁きが収録され、デッキを大幅に強化した面々が様々なデッキを今回見せてくれました。
 内戦形式はサテライト方式を取らずに、アキノフチームとスターチームに分かれて勝ち抜き交代有りの状態で試合をしました。
 ではこれからその試合を1ショットずつ見ながら今回の内戦を振り返りたいと思います。
 まず最初のSSは、赤 vs アキノフ戦で赤さんはブラックマジシャンガールを筆頭に強力な魔法使い族で統一されたデッキでどのカードも皆が良く見たこともある懐かしいものでした。
 対してアキノフさんは、アルティメットインセクトを軸にした昆虫デッキで恐らく隙あらば地底のアラクネーも飛び出しそうなデッキでした。
 戦いは、アキノフさんの猛攻に赤さんが成すすべもなくやられていくのかと思いきや時の魔術師を召喚し運命を賭けたコイントスに見事勝利し流れを引き戻すかに見えましたが、アキノフさんは炸裂装甲やライヤーワイヤー等の除去罠で巻き返し勝利しました。
 観戦してて思ったことは、やはり時の魔術師のコイントスは胸が熱くなるということです。
 負けても勝ってもコインに運命を託すという行為に私は感動すら起きました。
 次のSSは、ドニvsダーマ戦で戦いが始まる前に私の方からダーマさんにお願いしてラヴァル系のカードを1日レンタルし構築して挑んでもらいました。
 どんなデッキを構築してくるのか胸アツだったのですが、対するドニさんのデッキが強化されたインヴェルズデッキだったのでダーマさんのラヴァル系の真価がまったく発揮されずに恐ろしいほどの展開力でインヴェルズが場を制圧していきました。
 ドニさんのデッキには毎回驚かされますが、今回もまた驚かされることだらけです。
 基本アドバンス召喚や特殊召喚だけで戦っていくのがインヴェルズデッキなのでシンクロ主体のダーマさんのデッキとは相性は悪かったのだと思います。
 インヴェルズの先鋭も加わり、より対シンクロ色が濃くなったインヴェルズは今後様々な活躍が期待できそうです。
 最後に紹介するSSは、スターvsグデム戦で私は新作であるヴァイロンオメガ召喚を目指すヴァイロンデッキを用意し、グデムさんはガスタデッキで対抗してきました。
 決闘序盤にグデムさんが発動した自由解放で2体のモンスターをデッキに戻されるという空前絶後の除去をされて驚きましたが、ヴァイロンエレメントの効果でなんとか危機を回避しつつ攻撃を繰り返していきました。
 そしてSSにも出ているように静寂のロッドケーストをサーチして装備させヴァイロンの装備魔法をケースト装備しているモンスターに装備させることで真の力が発動するのです。
 詳しくはそのうちデッキでも紹介して説明しますが、ヴァイロン装備魔法は破壊されたときデッキ内からサーチする機能を持っているのでケーストには対象とする魔法の効果を無効にして破壊する効果がある為何回やっても破壊とサーチを繰り返すことができるのです。
 残念ながらヴァイロンオメガを召喚するには至りませんでしたが、なんとかゴリ押しで勝利することができました。
 ヴァイロンマターとヴァイロンエレメントのおかげでした。
 こうしてスターチーム5勝、アキノフチーム2勝ということでスターチームの勝利となりました。
 団内戦に参加してくれたメンバーの方々ご苦労様でした。

by duelstar

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masterofoz02.blog14.fc2.com/tb.php/278-3ea074a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。