--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-11-09

第105回MASTEROFOZ団内戦(タマルール)

第105回団内戦SS1
第105回団内戦SS2

マナミ○ vs ヤミゴク
タマ vs カミコロ○
リーフ○ vs アキノフ
ダーマ vs タエ○
スター vs エアー○
マナミ(2回目) vs ドニ○

4対2でドニチームの勝利

11月6日(日)に第105回となるMASTEROFOZの団内戦(タマルール)を開催しました。
前回までやってきたタッグチーム制ですが、今回は各将戦によるチーム戦をしようということになりました。
タマルールでの対戦ということもあって様々な個性溢れるデッキが登場し、普通のルールでは味わえない駆け引きが今回も展開しました。
それでは毎回のようにSSを通して団内戦を振り返っていきたいとおもいます。
まず1枚目のSSは、しばらくチームに顔をだしていなかったリーフさんとアキノフさんとのデュエルシーンです。
リーフさんのタマルールでのデッキは、事前にこのルール戦に出たいということで僕からデッキを貸していたのですが、そのレンタルデッキを使わずに自分で構築したデッキで挑んだようです。
デッキ種はハンデスが目的と言っていたので恐らくは首領ザルーグによるハンデスをしつつビートダウンで敵を翻弄していくデッキなのだと思います。
特に素晴らしいと感じたのは、このタマルールでは無類なき力を発揮する通常罠カード強制脱出装置を投入していたことです。
本来モンスターを手札に戻すという行為は、得をしているようには思われないと思いますが対象にするモンスターがシンクロモンスターとなれば話は変わってきます。
シンクロモンスターの弱点であるバウンス、除外、コントロール奪取という3大要素をうまく突いたこのカードはこのルールではかなり優秀なのです。
事実アキノフさんの地底のアラクネーの攻撃が成立してしまうと魔法罠の発動ができなくなってしまうので戦闘前に脱出できたのは非常に大きかったと思います。
次に2枚目のSSは、マナミさんとドニさんのデュエルシーンです。
ドニチームがこのとき優勢でマナミさんが勝利しないと代表戦にもつれ込むことが出来なかった為に、誰しもがマナミさんの勝利を期待してました。
しかしドニさんは前回でのタッグ戦での借りを返すというリベンジソウルに燃えていたのです。
マナミさんお得意のメタワールドに突入する前に、ドニさんの信頼する究極の破壊王である冥王竜ヴァンダルギオンの登場でデュエルは一気にクライマックスに突入しました。
マナミさんも善戦しましたが、罠無効で召喚されたときにすでに大事なくず鉄のかかしを破壊されていて守りきれずにドニさんのリベンジソウルの前に倒れました。
こうして団内戦はドニチームが勝利しました。
どのデッキにも言えることですが、デッキ1つ1つには自分の信頼するエースがいるはずです。
そのエースが場に光臨するだけで我々は胸が熱くなりどんな状況も覆してくれる期待と安心感が出てきます。
内戦を通じてそういうエースにめぐり合って欲しいなあと思いました。
団内戦に参加してくれたメンバーの方々ご苦労様でした。

by duelstar

スポンサーサイト

コメント

エルてなさんへ

こちらこそ宜しくお願します

ありがとうございます!

相互リンクどうもありがとうございます^^
これからもよろしくお願いいたします<(_ _)>

初コメ失礼いたします【相互リンクのことです】

はじめまして。「デュエル☆あんてな」というアンテナサイトをやっておりますエルてなと申します。

もしお邪魔でなければ相互リンクしていただけないでしょうか?

サイト名:デュエル☆あんてな
URL:http://blog.livedoor.jp/yuugiou_antena/

ぜひよろしくお願いいたします!

記事内容と関係のないコメント失礼いたしました_(。_。)_

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://masterofoz02.blog14.fc2.com/tb.php/285-1813847a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) チーム【MASTEROFOZ】のブログpart2. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。